産業保健師の仕事内容について

民間企業に勤める産業保健師について

産業保健師は地方自治体などの公務員として勤める保健師とは違い「民間企業に勤務する保健師のこと」を指します。 大手企業になりますと自社で健康保険組合を持っていますから健康保険組合には必ず保健師がいるでしょう。 また企業の医務室や保健センターでも保健師は不可欠な存在です。 企業や健康保険組合など多くの会社で、いろいろな勤務をしている産業保健師が存在しています。

ここでは、民間企業に勤める産業保健師についてご説明しましょう。

産業保健分野でのコーディネーター的な枠割りを担当しているのが産業保健師です。 医師や衛生管理者と一緒に、その企業で仕事をしているスタッフの健康管理を任されているのです。 産業保健に関する法律は<労働安全衛生法>になり、法律では「常時50人以上の従業員がいる職場は産業医を専任しなければならない」と規定されています。

民間企業だけで見た場合、事業所の規模別で調べたら保健師や看護師の配置状況の項目で、1000人以上の事業所では90%前後のデータがでています。 けれども労働者の人数が300人以下の事業所になると、この配置状況の数字はグッとさがります。

企業規模によって、その事業所で仕事をする人たちの健康管理には大きな差が生じているのは明白です。 こういった状況ではありますが産業保健師として仕事をしている保健師は、地方自治体の公務員で仕事をする行政保健師と比較すると多くなってきています。

病院などの医療機関と異なり産業保健師の場合は企業の休日と同じで土日祝日は休みの場合が大部分です。 夜勤が発生することは、ほとんどありませんから日勤のみの勤務です。

また各種手当てや福利厚生も充実しており給料水準も高いレベルになっています。 こういった条件がありますので、保健師が産業保健師になりたい希望者はとても多いのです。

以上、民間企業に勤める産業保健師についてご説明しました。 けれども産業保健師が募集されていることはあまり見かけません。 希望される場合は保健師専門の転職サービスサイトに登録しておいて紹介してもらえるようにしておきましょう。

↑ PAGE TOP