今保健師さんの間で注目されているコールセンターでの仕事

保健師が企業のコールセンターに勤務する場合の仕事

保健師の仕事は次の2つのパターンに区分されます。 ひとつは地方自治体の公務員になる保健師と、もうひとつは民間企業に勤務する保健師です。 民間の会社で勤務する保健師は、企業保健師とか産業保健師と呼ばれます。

ここでは、保健師が企業のコールセンターに勤務する場合の仕事について取り上げます。

近頃は、一般企業で勤務する保健師が人気で、その中でもコールセンターでの仕事が注目されています。 保健師とコールセンターというと接点がないようなイメージでしょう。 しかし実際は保健師の知識や経験がフル活用できる仕事なのです。

保健師を必要としているコールセンターも2種類あります。 ひとつは薬品や健康器具の販売サポートをするコールセンターです。 もうひとつは企業で勤務する社員の健康診断や健康相談をするコールセンターです。

健康器具や医薬品を販売している企業では、顧客サービスを強化するためにコールセンターを設置しているところが増えています。 以前までのコールセンタースタッフは医薬品や健康器具についての専門知識がない人材も採用していました。 けれども近頃は看護師資格も持って健康診断や健康相談もできる保健師の存在が注目されているのです。

こういった素晴らしい能力がある保健師にとりコールセンターの仕事は最適です。 健康・介護・看護・医療・医薬品などについての電話での相談業務は保健師の経験や知識が活かせます。

常勤のケースもありますが、大部分は既婚者や子育て中の保健師がアルバイトをしていることが多いです。 自分の都合の良い時間帯で仕事ができ、専門分野の知識がある保健師にとっては効率的なアルバイトなのです。

以上、ここでは、保健師が企業のコールセンターに勤務する場合の仕事についてお話いたしました。 医薬品や健康器具販売の企業のコールセンターでは看護師の臨床経験がある人材が優遇されます。 残業もないコールセンターでの勤務は人気も高く競争率が高いので中々採用されないケースも多いようです。

↑ PAGE TOP