子供相手ですので、少々大変なことも?

保健師が保育園や託児所で勤務する際の仕事内容

保健師をしていて退職をしていたけれど「もう一度保健師の仕事をしたい」と考えている人もいるようです。 ここでは、その選択肢の一つとして保健師が保育園や託児所で勤務する際の仕事内容をご説明しましょう。

以前は、保育園や託児所が保健師を募集する求人はさほど多くなかったです。 けれども最近は「子どもたちの健康守る」という意識が定着し保健師を採用する施設が増えてきています。 保健師のみならず看護師を常駐させている施設も目立ちます。

保育園内や施設内で子どもたちや職員の病気やケガの処置をすること――これが保健師が保育園や託児所で勤務する場合の仕事内容です。 近頃では徹底した感染症対策も保健師の大切な仕事で、具体的にはウイルス性インフルエンザ対策として、「うがい」や「手洗い」を励行させることです。

保育園にしても幼稚園にしても、保育士や幼稚園教諭免許を持っていることが応募資格になっているケースが多いです。 この両者の違いは勤務先が異なることです。 保育士は保育所などの児童福祉施設で勤務しますが、幼稚園教諭は幼稚園で勤務します。

しかしながら、必ずしも保育士や幼稚園教諭の資格が必要ということでなく、純粋に保健師求人をしているところもあります。 その場合は保育士や幼稚園教諭の経験や知識がないですから、積極的に遊びや工作に参加して子どもたちの中に溶け込む必要があります。

子どもたちや職員がいつも病気やケガをすることもありません。 少しでも保育知識を増やした方が保健師が保育園や託児所で勤務する場合は良いと思います。 また「保健だより」などの健康や安全に関する書類を作成したりする場合もあります。

近頃では核家族化が浸透して、相談相手がいなくて子育てに悩むママさんも多いです。 保健所などで勤務経験がある保健師は、そんなママさんの悩みを聞いてあげたりアドバイスもできます。

以上、保健師が保育園や託児所で勤務する際の仕事内容をご説明しました。 保育園や託児所で勤務をする保健師の求人案件は、すごく少ない上に人気があるので、求人広告が出ても応募者が殺到し競争率が高いです。

↑ PAGE TOP