転職サイトを利用して効率的に転職したいね!

保健師の転職サイトが有利な人・不利な人



三十歳代になっている保健師が転職を目指そうとする場合には、現在おかれている環境によって大きな差が生じていると思います。年齢的な側面だけではなく環境やキャリアが大きく影響してきます。三十歳代での転職が有利になる人と、正反対で不利になる人が出てきます。ここでは、三十歳代の保健師が転職する場合の有利な人・不利な人をご説明いたしましょう。
保健師の転職に強い求人サイトは?


転職が有利になるのは、これまで着実にコツコツと職歴を重ねてきた人たちです。 一つの職種であっても堅実にキャリアを重ねていて、その分野に長けており即戦力として仕事ができるなら仕事は見つけやすいでしょう。 雇用サイドとしても「長期間仕事をしてくれる人材だ」と高い評価をしてくれるはずです。

これとは逆にマイナスになるのは職歴がバラバラである人です。 二十歳代から何回も転職をくり返して特定分野での職歴が重ねていない人や特別にPRするような点がなければ圧倒的に不利です。

三十歳代になって新しいスキルを身につけるには雇用側にもコストがかかるし積極的には採用しません。 また「せっかく教育しても、すぐに辞めてしまうかもしれない」とネガティブな判断をされてしまうでしょう。 三十歳代で転職を考える場合にあ、自分がどういった境遇で「転職を有利に運べるかどうか」を冷静に判断をするべきだと思います。

その上で三十歳代で転職を目指すと決意したら、まずは職種を絞り込みましょう。 保健師が仕事をする場は多様化しているのですが就業規則や給料だけを見て、片っ端から応募するのは良くありません。

「キャリアアップに役立ちそうな仕事」や「自分の能力を訴求できす仕事」に応募することが大切です。 こういったことでも自分自身を客観的に分析する能力が必要です。

以上、三十歳代の保健師が転職する場合の有利な人・不利な人をご説明いたしました。 新しい職種への転職に挑戦する場合にも、やみくもに活動するのではなく今までのキャリアが十分に活かせるものにしましょう。

保健師で英語のスキルは役立つ?

保健師の方にも様々なスキルを持っている方がいますが、中には英語のスキルを身に付けているという方もいると思います。基本的には英語のスキルがなくても行える保健師の仕事ですが、英語のスキルを身に付けているとまた違った仕事の仕方をする事ができます。

最近は日本でも海外の方が仕事をするケースが増えており、そうした方の中には英語はできるけれど日本語が難しいという方がいます。そうした方を対応できる方として頼りにされる事があります。

特に病院や医療関連施設ではこうした海外の方が多いため、英語を生かしたいという方はこうした職場で仕事をする事をお勧めします。英語ができるという事を積極的にアピールしていれば英語を生かすチャンスが与えられる事も多いです。

国内の病院は海外に展開をしている所はあまりないため、英語力をまず身近な所から生かそうとするならこうした日本在住の海外の方を対応 できる職場に転職するというのがお勧めの方法です。

さらに英語力を生かして仕事がしたいという方は海外に事業を展開している日本の企業に転職するのがお勧めです。そこから海外という形で仕事をする事ができ、海外の方の健康指導などを行う事ができます。主な職場は発展途上国になる事が多いです。

こうした国ではまだ医療環境が十分に整っていない所も多くあり、病気になる方も多くいます。保健師は病気の予防が主な仕事ですが看護師としても仕事をする事ができ、健康指導も合わせて行えるため、トータルで途上国の方の健康をサポートする事ができます。

現地での仕事は高い英語力が必要になるため、大変に感じる事もあるかもしれませんが、保健師の仕事と共により英語スキルにも磨きをかけていきたいという方にはお勧めです。

海外での仕事は日本にいるだけでは得られない貴重な経験をできる機会も多く、あなたの視野を広げてくれるきっかけにもなります。英語のスキルを生かして働きたいという想いを持って保健師として仕事をする事で、そのチャンスが巡ってくる可能性も高くなると言えます。
富山県済生会富山病院

就職してから経験1年の保健師の転職

最近は転職もそれほど珍しい事ではなくなってきており、多くの方が転職経験があるようになっています。それに伴って退職を早い段階でする方も増えています。大学を卒業した方が新卒として入社した企業を1年以内に退職するという方もいます。

こうした方は我慢が足りないという声もあるにはありますが、最近はブラック企業などの過酷な労働環境を強いる職場もあり、一概に働く方だけの問題ではないという事が話題になり始めています。

1年以内に退職した方が保健師として転職活動をする場合も、1年で辞めてしまった事で自分に自信をなくしてしまい、悲観的になる方もいますが、まずは冷静に自分を振り返る事が大切です。

1年で辞める事が悪いと捉える事もできますが、逆に早い段階で見切りをつけて切り替える事ができたという風に捉える事もできます。後者のように捉えると前向きに転職活動を進める事が でき、次の職場での採用という結果に至るのも早くなる傾向にあります。

まずやるべき事としては1年で得た事と反省点を洗い出すようにしましょう。1年という短い期間であっても、その間に身に付いた事というのは少なくはないはずです。

意外と細かい事でも次の職場の方からはメリットに感じてもらえる事もあるため、まずは身に付いたと感じるものは紙に書き出すなどして振り返ってみましょう。社会人としての基本や保健師としての基本、対人関係など、多くの事があるはずです。これが転職活動でのメリットになる事もあります。

また、反省点も振り返りましょう。前向きに転職活動に取り組む必要がありますが、やはり1年という早い段階で退職を決めたのは、あなたの決断にも少し反省点がある事もあります。

そういった点を出したら自分を責めるのではなく、次は切り替えてこうしていこうという改善点を出す事が大切になります。こうした事を伝えて面接に臨めば、あなたの若さと次への意欲に 可能性を見いだして受け入れてくれる職場もあるはずです。

↑ PAGE TOP